総合商社アクシス-エムは工業製品から介護用品まで、様々な製品の提供を致します

  • [営業時間] 9:00~18:00
  • [定休日] 土曜・日曜・祝日
  • 0792650007
  • 0793327770
お問い合わせはこちらから

産業用ヒーター

光加熱,集光加熱

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

※画像クリックで拡大表示

品名 光加熱,ハロゲンスポットヒーター
型番 光加熱,ハロゲンスポットヒーター

概要

光加熱

特徴: 熱風加熱と比べると、下記のような特徴がある

長所: 熱媒体なしで直接加熱するので真空中の試料加熱可

加熱対象物が風で吹き飛ばされる様な事がない。

欠点; 加熱対象の適否が問題になり易くサイズが大で高価格

原理: 約2800℃のランプからの光放射(150w/cm^2)を集光

用途: 熱風では不都合,不可能な分野の高温、クリーン加熱

ハロゲン スポットヒーター

ハロゲンランプの光を一点に集中させると、条件が良ければ1400℃~1500℃に達する様な高温が得られます。また温度は供給電圧により常温から最高温度まで任意にコントロール可能です。

ランプ加熱は非接触加熱なので、完全なクリーン加熱や真空中での加熱が可能です。

スポットの小ささはランプ及びミラーサイズ,焦点距離により決定されてしまいますが、照射範囲を広くしたり、任意の分布をもたせたりといった特殊配光設計は可能です。

上記商品に、興味のああれるかたは一度、御連絡下さい。

用途事例

1.光加熱の概要                

光加熱はハロゲンランプの光を凹面鏡で集光し高温を得るものです。
集光形態により、点集光型と線(ライン)集光型に分類しています。        
ハロゲンランプの光の波長域は約1μmをピークとする0.4~2.5μm域(可視光~近赤外線域)です。 
ハロゲンランプ方式を他の光加熱方式と比べた場合、以下の特徴があります。

比較項目      ハロゲンランプ / 遠赤外ヒータ / レーザー  / キセノンランプ
放射への変換効率   ◎約90%   /  ○約70%  /   △   /   △~○
高密度照射(高温加熱)◎約1400℃  /△約400℃   /◎ほぼ無制限  /  ◎約1800℃
起動時間が短い    ◎       /   △     / ◎パルス可 /  ◎パルス可
コストが低い     ◎      /   ◎     /   △   /    △
サイズが小さい    ○      /   ○     /   △   /    △
遠距離から照射できる ○      /   △     /   ◎   /    ◎
金属加熱       ○      /   ×     / ◎波長選択 /    ○
非金属加熱      ◎~△ 差が大 /   ◎    / ◎波長選択 /   ◎~△
ガラスごしの加熱   ◎      /   ×     /◎波長選択  /    ◎
クリーンな加熱    ◎      /   ◎    /   ◎    /    ◎
半透明体の浸透加熱  ○      /   ×     /◎波長選択  /    ○
安全性        ○      /   ○     /  △    /    △
                                       
上記を総括すると、ハロゲンランプを使った光加熱の特徴は
(1)放射エネルギーへの変換効率が非常に高い
(2)ヒータ自身の温度立ち上がりが極めて早い(約1秒間)             
(3)低コスト(イニシャル,ランニングとも)                    
(4)高温まで加熱できる(1000℃以上) 
(5)ガラス越しの加熱が可能
以上が特筆すべき項目です。上記以外にも下記の様な特徴があります。
(6)金属に対する吸収率が遠赤外ヒータよりも良い。非金属に対してはよくない物も
   ある(差が大きい)。  参考データ  各種物質の放射率(吸収率)
(7)半透明体(皮膚や塗料や接着剤など)は比較的内部まで入り込み、内部からも加
熱される。
(8)石英ガラス製なので塵やガス類の発生がなく、クリーンルームでの使用にも適し
   ている。(ただしリード線や端部処理なども「クリーンルーム仕様」にする必要
   がありますので、一般的なハロゲンヒータではダメな場合もあります。) 
(9)人体その他に対して比較的安全な加熱装置です。ただしガラス製高圧ランプです
ので、それなりの取扱注意は必要。レーザーは、特に可視光レーザーや近赤外線
レーザーの場合、失明リスクがある。 キセノンランプはハロゲンランプの5倍以
上に達するような高圧封入ランプなので破裂のリスクが高く、さらに紫外線が非
常に強い。また起動時に数万ボルトに達するような高電圧を使用する。

ページトップへ戻る